癌恐怖症と疾病恐怖症 医師からみたメンタルヘルス私は病気じゃないか? 心気症であることを自覚することが心気症克服の第一歩

19.Mai.2018

心気症克服のために 心気症を患った医師から見た心気症対策

心気症とは何か?
心気症とは『自分は重い病気にかかっているんじゃないか』と必要以上に不安と恐怖に怯えてしまう症状のことをいいます
ちょっとした身体の異変を敏感に、病的に察知して、それがストレスになり常に病気の不安に怯えて生きてしまいます

そして、ネットをたくさん検索し同じ症例の人がいないかと時間を費やしたり、ドクターショッピングをしたり、いろいろな検査を受けても異常はないことにも怯えてしまいます
どんなに医師に『異常はありません、安心して下さい』と言われてもスッキリせず、ヤブ医者だと思って、次の病院に変えます

病気不安症とも言われていて、メンタル面に原因があります
だからいくら病院を変えても難しいですし、自分がまずは心気症かも? 疾病恐怖症、病気不安症なのかも?と気づくことが大事です



重い病気じゃないか? まだ発見されていないだけで着々と病気が進行しているんじゃないか?

ちょっとした誰もが起こる身体の異変(めまい、吐き気、頭痛、体のこり、息苦しさ、咳、むかつき、気だるさなど)を拡大解釈してしまって、命に関わる病気であることを疑う

ネットやテレビで他の人の症例を見ると、自分に適用してしまいすぐに不安になってしまう
安心して情報を集めることでストレスがひどくなる悪循環
常に健康のことを意識し、病的に健康を害することに恐怖を覚える

健康オタクになり、体位にいいことを必要以上にやってしまう
しかしストレスがあるため、行動した割には健康になっておらず、そこからさらに心気症の罠に陥っていく

常に医師や周りの人、家族や友人に大丈夫かどうか確認を求める
大丈夫と言われても決して安心できない
気休めとしか思えない
どこまでいっても安心がないから、不安を何はなくても自分で引き寄せてしまう
まして、ちょっと体に不調を感じると(メンタルが不調なのだから当然身体に悪影響が出る)、自分の不安は本当なのだと信じてしまい、不安と恐怖のオンパレードから脱出できない
仮にめまいが取り越し苦労だったとしても、今度は胃のむかつきに執着をして、病的に自分のあら捜しをする
だから一つの安心が永続的な安心につながることはなく、別の不安を探し始める脳の構図がある
それはもう無意識的な条件反射で、理性的に冷静に心気症を捉えようとしても不安が勝ってしまう


僕の心気症(病気不安症)の経験から、安心しようと頑張ることで不安を増幅させている事に気づいたほうがいいと思います
自分は病気か健康かばかりにとらわれて、安心を得ようとする行動、不安を打ち消そうとする行動が、逆に自分の首を絞めていることに気づくべきです

そこには覚悟と割り切りが必要になります
不安を消そうともがく行動は、あらゆる不安を引き寄せてしまいます

常に割り切りと覚悟を身につけるために行動して下さい
不安があってもいい、仮に病気があってもいい、検査結果に異常がなく気持ち悪くても、不安のまま生きてやるという気持ちを持つように、そちらで努力して下さい

はっきりいいまして、心気症の人の行動は心気症を悪化することしかできていません

自分の身体の異変ばかりに執着してしまうのは、それだけ費やしてしまう時間があるからです
何かに取り組む時間を徹底的に増やして下さい。
建設的なこと、趣味や楽しめること、感動できることなどにそのエネルギーを振り分けて下さい
決して自分の身体の異変が解決してからやろうと思わないで下さい
それが最大の癌です
がん細胞以上に怖い思考です


あとは心気症や病気不安症を解決できる専門家に相談することです
メンタルの不調から発していることがわかっている人なら、そこから根本的に解決してみて下さい
まだまだ心気症や病気不安症は世の中に認知されていませんし、医師も知識や経験が乏しい分野です
そして、世の中全体、そしてテレビや雑誌は徹底的に健康ブームです
そちらが儲かるからだしそれだけニーズがあるわけなんですが、それらの情報に惑わされないで下さい

病気の情報は不安を煽ります
それは心気症の人にとって一番やばいことです
セカンドオピニオンで異常なしだったら、それでもう割り切って、建設的なことをガンガン行動してみて下さい

もし不安を生じるさせる種が自分の心の中(無意識)にあるのならば、僕がやったように根本的な解決方法で、不安の種を取り除いて下さい
必ずあなただけの心気症になるべきルーツが無意識に構築されてしまっています

僕の心気症や自律神経失調症の克服のブログ記事はこちら


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
癌恐怖症と疾病恐怖症 医師からみたメンタルヘルス私は病気じゃないか? 心気症であることを自覚することが心気症克服の第一歩