病は気からは本当 いい思い込みができるメンタル獲得が病気を治す深層心理と脳の鬼才・岩波英知 医者の立場から考える

29.August.2018

心気症の原因と克服の仕方 不安とストレスへの対処法、無意識からの解決で悪循環が断ち切られます

心気症は不安が引き起こします
不安が不安を呼び、心気症から抜け出せなくなります
不安はストレスも運んできます
ストレスは体を害します

自律神経の働きも悪くなるでしょう
もしかしたら自律神経失調症かもしれない
更年期の方は更年期障害の症状がひどくなるかもしれない
頭痛や目眩や耳鳴りやひどい肩こりなど、苦痛を感じる疾患もあらわれるかもしれない


すべてはストレスです
ストレスをもたらした不安への対処法をどうにかしないと、心気症の克服は難しいです
逆に申せば、不安へのいなし方が身につけば、ストレスも半減するでしょう


今の心気症の段階で、不安をゼロにすることはできません
不安は人間にとって必要な感情です
あった当たり前の感情を無くすことはできません
だから、不安がある前提で生きる覚悟が必要です
そして、不安を飼いならすことができたら、心気症も器質的疾患も改善に向かいます

不安への対処法について、私が学んだ方法を紹介します





病気への不安のあまり、心気症で必要以上にストレスを感じることは、エネルギーの浪費になります
しかも、無意識的に常に不安を感じるようになったら、気分転換ができなくなります
さらに神経質になり、苦痛はとどまることを知りません
そして、本当の病気になってしまいかねません


症状を気にしなくなることは一番ですが、心気症の殆どが無意識から発症している状態です
だから、どんな医師やカウンセラーのアドバイスも効果なしなのです


場合によっては、心理療法、精神療法をおすすめします
あんまり抗不安剤だけに頼るのはおすすめしません
不安や心配があるから常に服用していたのでは、体が持たなくなります
体も薬効に慣れてくるため、効果も薄くなっていきます

それに抗不安剤や抗うつ剤では悪循環を断ち切れません
気にする→不安になる→ストレスになる→症状を気にする→不安になる→ストレス・・・
この悪いサイクルを断ち切るのは、無意識レベルからの解決です


不安を引き起こす無意識が改善の重要ポイントです
自己コントロールができないのが無意識ですから、無意識から解決するためには、代替療法たる心理療法がおすすめです

催眠療法やヒプノセラピーを行っている所が良いでしょう
無意識から解決する施術を行う代替療法です
しかし、前世を扱うようなところには行かないで下さい
能力が高い催眠療法士にしてください


非常に不快催眠状態に入ると、無意識のストレスが自浄されていきます
非常にくつろいで、これまでにないリラックス感に浸れるので、悩んでいない自分がいるはずです
催眠状態から覚めると、また不安や心配が出てきますが、この時心気症への心配が一度リセットされます


無意識からも不安の種が少しずつ消えていくため、無意識的な不安感が静まっていきます
そして、『不安への対処法』を自分でも確立させて下さい
不安の尽きない悪循環を断ち切ることができるようになっていくはずです


そうしたらストレスが少なくなり、今よりもずっと生きやすくなるでしょう
気持ちにも余裕が出ます!
初めて安心感を実感できるようになったら、自律神経も整ってきます
自律神経が絡む器質的疾患にも効果が出るでしょう


不安とストレス、これへの根本的対処と思考の対処法(受け流し方、いなし方)を獲得すれば、心気症を克服できる道を歩めるようになるはずです!

病院でも代替医療として心理療法、精神療法、催眠療法を行っているところもあります
もし能力のある医師やセラピストが近くに見つからない場合は、私のおすすめの先生がこちら (自律神経失調症克服セラピーはこちら




コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
病は気からは本当 いい思い込みができるメンタル獲得が病気を治す深層心理と脳の鬼才・岩波英知 医者の立場から考える