うつ病の症状のこと

25.November.2016

医師の立場から抗うつ剤はオススメできない。けれども──

西洋医学と薬は切っても切り離せません
精神医療も向精神薬、向精神病薬による治療がメインです​

そこではたして飲んでいる薬が安全なのか? 副作用があるのか?
そういう所が気になると思います。

僕もご多分に漏れずアダルトチルドレンとして生きてきました
自律神経失調症にもなりました
自律神経失調症にも当然のことながら治療を受けに行くと薬を出されます

しかし自律神経失調症の特効薬はありません
自律神経の乱れを直接治してくれる薬はないということです
つまり別の方向から自律神経のバランスが崩れているのが修復されるようにする薬を出されるということです
 
不安や緊張が極度に出てしまうのを冴えたり、薬の力を使って眠らせることで交感神経の働きを抑えたり、抗うつ剤を用いたりします
抗不安薬、睡眠薬、抗うつ剤を飲むことになるんだけど、どれも薬に依存しやすい種類のものです


最初はそれによって精神のバランスが整えられたらいいのだけど、依存が続くと副作用がひどくなっていきます
副作用に恐怖して薬を立つと離脱症状に苦しめられたりします

僕は抗うつ剤SSRIのパキシルの恐怖をよく知っていました
(知識だけですが)
だから、抗うつ薬だけは絶対に飲みたくなかったです
薬で脳の中枢神経を増やしたり抑え込んだりすること自体、私の治療観には相容れないものでしたし


それに自律神経失調症には特効薬がないため、薬を飲み続けていても埒が明かないとうこともあります
もっと根本的に治さないといけないわけです

僕はアダルトチルドレンでしたし、もともと父親からの感情的な抑圧を強いられてきたわけで、そこから治さないといつまでたっても自律神経失調症は治らないということになります

薬でもし自律神経失調症やうつ病など精神疾患が治ると思っているのならば、それは幻想だと言っておきたいです
抑え込んでいることに成功しているだけで、いつぶり返すがわからないことと薬がいつ効果が出なくなるか、副作用として牙を自分に向けてしまうかわからないということに留意して下さい


精神的にかなり参っていて、精神科に相談して薬をもらうけれど、常に依存性のこと副作用のことを頭に入れておくべきだと思います
ただし向精神薬の類はオススメはしないけれど必要なのも確かなんですね

だから取り扱う側の医師がもっとちゃんと薬のことを
説明した方がいいと思います
患者さんはどうしても薬を飲んで楽になりたい一心です
その思いを叶えるために医師は薬を安易に処方してしまいます

だけどそれはお互いにとって結局は良くないことなのかもしれません
精神疾患がどうしても薬でしか治せないという幻想がある限り、この問題はずっと続いていきそうです

私の自律神経失調症やアダルトチルドレンを解決に導いてくれたセラピストの岩波先生なら根本解決が誰よりも可能だと思います
そういう意味では大推薦なのですが、いかんせん一人の力では絶対数をこなすことは難しいわけです
今でも満員だからこれ以上はなおさら困難でしょう

だからもっと精神医療が薬の対症療法だけじゃなく、根本的なアプローチをした方がいいと思います
しかし言う易しで、根本的に治療できる医師はほとんどいません

残念です


僕は抗うつ剤に依存してしまう気持ちはよくわかります
人生はそううまく自分の思い通りにいかないもんです
もし僕が岩波さんに出会っていなかったら、自律神経失調症が長引き悪化して、うつ病になっていたのかもしれません
そうなったら他にどんな解決方法が残されていたでしょうか?

おそらく色々なことにもがきながらチャレンジしたと思います
でも結局根本的に克服できず、現状のつらさから抜け出すために抗うつ剤を服用していたのかもしれません
うまく薬をコントロールすればいいという大義名分を僕は作っていたでしょう

でもそううまくいかないのが現実のようです
抗うつ剤に依存して薬漬けになっている患者さんの数はかなりにのぼります
どれだけ社会的損失が発生しているのか……
欧米など先進国でもかなり深刻な問題のようです

こちらのブログを書かれている方は不眠症の段階で抗うつ剤に依存をしてしまい、うつ病に悪化してしまったそうです
私と同じ岩波先生の神経症克服プログラムで最終的に解決しましたが、向精神薬や医原病のことについての体験が書かれてあります
医師としても気をつけなければならないと思っています 


sunshinering at 01:44|PermalinkComments(1)

3.Juli.2016

自律神経失調症をこじらせるとうつ病になる ほったらかしは危険

自律神経失調症はとらえどころが難しい症状です
メンタル面から生じるものだから具体的にどうやればいいか
指導してくれる医師も少なく
安易に薬を処方されて紛らわせているうちにこじらせて悪化してしまう
それが長引くとうつ病になっていきます

僕も自律神経失調症をこじらせてしまい自律神経失調症の時点で解決できたから助かったけれど
うつ病になっていたらもっと回復は困難だったでしょうね
うつ病になった医学部時代の同級生をよく知っていますが
活力的なエネルギーがなくなりひと目ででうつ病だとわかりました

頭が良かった彼でもうつ病になると廃人のようになってしまったことにショックを受けたし
僕も自分の未来が心配でした
実際に自律神経失調症をこじらせたあげくうつ病になった患者さんを知っています
僕のところには体の不調でうつ病になってから来たのだけど話を聞いてみると以下の通りです
(もちろん個人が特定されないように配慮しています)



ある女性の話です
ストレスと過労が続いていた時に立ちくらみをして、息苦しさを感じるようになったそうです
病院に行ってみるとお決まりのように異常なし
しかし、ずっと慢性的に息苦しさや不安感が続き
次の病院に行ったら自律神経失調症と診断されました

向精神薬を出されたものの薬に頼ってしまって治らないんじゃないかと怖くなり
一度飲んだきり毎日何とか乗り切っていました
しかし倦怠感やめまいやイライラがひどくなっていき心療内科に行きました
出された薬を飲み続け漢方療法を続けるも悪化を食い止められない

次第に毎日が憂鬱になっていき自殺願望まで出てきたそうです
病院ではうつ病と言われ抗うつ薬を服用しその薬はどんどん増えていきました

その間も体調不良は悪化し続けて家事も育児もままならなくなり入院も経験しました
退院後もうつ病は寛解に向かわず微熱が続いた時僕の所に来ました

自律神経のバランスが乱れると毎日がストレスになります
機能的疾患が慢性化し原因解決ができないので悪化していきます
もともとストレスがあってバランスが崩れるから二倍のストレス
いや二の二乗で4倍の苦しみですね

交感神経ばかりが優位に立ち休まらないから
脳内の神経伝達物質であるセロトニンも出てくれなくなります
憂鬱できついことばかりだから長引くとうつ病に完全になってしまう

すべてのメンタルの苦しみは解決が為されないままだとうつ病に通じます


ガンも患者さんをどん底の精神状態に突き落としますが原因がはっきりわかっています
周りの人も励ましますが自律神経失調症などメンタルの症状は原因不明といっていいです
周囲の人もアドバイスしづらいし大抵「頑張って」で終わります
頑張ってきたから自律神経失調症になるのに…

がん患者さんはどこかで運命に立向う人が多いのですが
自律神経失調症はひたすら溺れたままもがく感じです
僕がそうだったから

だからいつか限界が来てうつ病に悪化していきます
うつ病にも自律神経失調症の症状が出るわけだからこちらも二重の苦しみです

肉体が不健康な状態になった場合、精神力も奪われてしまいます
だからますます解決が遠のきます

こういう例を持ち出すのもメンタルをほったらかしにして対策を取れないままに
悪化し続けてしまう多くの患者さんのようになってもらいたくないからです
早期発見、早期対策を根本的に取り組んでいきましょう

時間はとても貴重で一歩遅れてしまっただけでも人生が大きく左右されてしまいます 
ほったらかしにしていつか治ると思っていても現実は甘くないです

現実はとても厳しいものです
幸せに生きたい人ほど生きられない
僕もそうでした… 

※カテゴリ別の目次

内科医の思う病気とストレスのこと

内科医の思う病気・疾患のルーツ分析、整理

内科医の思う自律神経失調症のこと

内科医の思う更年期障害のこと

内科医の思う不定愁訴のこと

内科医の思う疾病恐怖症のこと

内科医の思う岩波神経症克服プログラムのこと

内科医の思ううつ病のこと

内科医の思う心気症のこと

内科医の思う質のいい睡眠と不眠症と健康

内科医の思うトランス呼吸法のこと

内科医の思うく健康と病気と死ぬこと




 


sunshinering at 22:02|PermalinkComments(0)